ネパール の ホリ フェスティバル ーホリ「色の祭り」

ネパール の ホリ フェスティバル ーホリ「色の祭り」

色の祭り5日間・6日間



ネパール の ホリ フェスティバル「色の祭り」のご提案

ネパールで最も活気に満ちたカラフルなお祭りを体験したいなら、ホリの時期のカトマンズとポカラの旅行が一番お勧めです。ホリフェスティバルは3月の終わりの満月の日に祝うネパールの神聖な行事です。北の山の方で祝った日の次の日に南の平野で祝うお祭りは ホリカと呼ばれた悪魔の死から由来します。古代からヒンズー教が毎年祝う祭りの一つの ホリは、良い事が悪い事にいつも勝利する事を意味します。現在では世界中のヒンズー教徒以外の人々にも 愛と喜びと 色彩のお祭りとして人気があります。

伝説


ホリ フェスティバルの起源は、ヒンドゥー教の四千年前の有名な聖典の「マハバーラト」からです。伝説によると、悪魔の王ヒラニャカシプ はとても傲慢で、人々が神ビシュヌを崇拝することを許さなかった。しかし 王子プハラドはビシュヌの信者であり、父親と対立していた。その後、ヒラニャカシプ は満月の夜に王子を燃やして殺すように 妹ホリカ に命じた が、ビシュヌの祝福で王子は生きることができ、ホリカは燃やされて灰になりました。王子が火の中を歩いて行くと、人々は色を掛けあい水を王子に振りかけて賞賛しました。


内容

ホリの内容は、どの場所でもフェスティバルは24時間続き、前の日の日没から焚き火が灯り、翌日の朝からお互いに水を掛けあい色を塗りあうことが 日没まで続きます。この日、祝祭日で店舗のほとんどが閉店しています。ネパール全体がお祭り気分になります。知らない人でも誰でも、色の粉と水を掛けて色を塗りあいます。バルコニーに隠れている子供たちが色水が入った風船を投げてくる事もあります。


どのようにホリに参加しますか?

外国人観光客は ネパール人と同じくらいホリを楽しみ、多くの観光客は 旅行の日程をホリのお祭りに合わせます。フェスティバルの日の午前10時 位から夜まで いつでも通りに出ているだけで 楽しく参加できます。カトマンズでは最高の場所はタメルの狭い通りやダルバ広場です。ポカラではレイクサイドのストリートパーティーが盛り上がります。



注意事項

注1:色が落ちない場合もありますので、 色を振りかけても構わない服を着てください。
注2: 祭りや大勢の人がいる場所では貴重品は持たず、カメラは必ず防水カバーを付けてください。
注3:食事はストリートパーティーに参加しながら食べられます。色の付いた まま レストランにも入れ楽しんで食べられます。





← scroll →

ブロック

← scroll →

FAQ

Updating soon